記事一覧

信用収縮マーケットのニューカマー①

クレジット会社がエステサロンとの契約を打ち切った結果、新たな与信業者の参入の余地が生まれました。過去には消費者金融会社がエステの契約に貸金をセットするようなこともあったのですが、こういった疑似クレジットは改正法によって完全に個品割賦とみなされ、業を営むには経産省への登録が必要要件となりました。経産省への登録業者になると、割賦販売法の規定に沿った業務運営をしていないと行政指導の対象になるということですから、これまでのようなビジネス展開はできません。したがってそのような業者のエステへの取り組みもあまり目立たなくなりました。

このところ目立つのは、海外決済代行業者の進出です。海外決済代行業者は海外のカード会社と包括加盟店契約を結ぶカード決済の代行会社です。駅ビルはデベロッパーが一括してカード加盟店契約を結び、店子の小売店が使えるようにしていますが、それの応用形です。仕組みを簡単に説明しておきましょう。海外決済代行業者は、海外のアクワイアラーとクレジットカードの包括加盟店契約を締結します。その契約を海外のその国の加盟店に提供している分には何も問題はないのですが、彼らはそれを日本の加盟店に提供します。

この場合の日本の加盟店がどのようなところかというと、基本的には通信販売の加盟店を対象にしていますが、出会い系サイトなどが代表格です。ショッピング枠現金化、パチンコ必勝法、競馬情報、アダルトサイトといったところがかなりあります。出会い系サイトは、ポイントを購入して、そのサイトで出会った異性とメールのやりとりをするたびに、一回一〇〇円とか二〇〇円の料金がかかるものです。この代金をクレジットカードで決済するわけですが、出会えたと思った異性が実はサクラで、いくらメールのやりとりをしても出会うことはないので、「出会えない系サイト」といわれています。

キャッシング 即日 安心